塾講師の勤務時間

 塾講師の特徴としては、仕事をする時間がサラリーマンなどとは違っているという部分があります。 塾の営業が始まるのは学校が終わってからになりますので、だいたい16時から22時くらいまでの時間帯が塾講師の仕事時間となります。 もちろん授業の準備や後片付け、生徒に教える以外の仕事などもありますので多少時間の前後はありますが、 基本的には夕方から夜にかけてがメインの仕事時間となり、夜型の生活となるでしょう。


 しかしこれは通常の場合であり、例えば夏休みなどの長期休暇では朝から夕方まで授業を行う事になるので、 一般的なサラリーマンと同じような仕事時間となりますし、受験シーズンやテスト前期間では対策授業をするために更に時間が変わる事もあります。 一般的なサラリーマンに比べて勤務時間が変わりやすいという点は、塾講師になる以上切り離せない問題です。 これから塾講師を目指すという人は、勤務時間が自分の生活スタイルと合っているかどうかなども考えてみてはどうでしょうか


 特にご家庭を持っている方は、家族との時間が合わない場合も多いですのできちんと検討する必要があります。 塾講師の勤務時間は生徒に基本的には夕方から夜となり、長期休暇などには一般的なサラリーマンと同じ朝から夕方までの勤務時間となります。 ただし受験やテストなどが近くなると勤務時間が延びる事も多くなりますので、 そういった点も含めて生活スタイルを考えてみると良いのではないでしょうか。