何が求められるのか

 塾講師に求められるのは、何をおいても指導力です。 マンツーマンや複数の生徒を受け持つなど塾によって指導の形式は変わりますが、生徒に対して勉強を教えるという事はどの塾であっても変わりません。 ですから授業を受けた生徒にとってわかりやすい授業を行える指導力を持っているかどうか、これが塾講師では一番に求められます。 学歴が高い講師であったとしても、授業がわかりにくく生徒が理解できないのでは意味がありませんから、本人の学力よりも生徒にわかりやすく教えられるかどうかが重要なのです。 また塾講師には生徒の勉強をどれだけサポートできるか、という点も求められています。


  近年では塾の数は増えてきており、生徒側が自分たちが勉強したいと思える塾を選べる状況にあります。 ですからただ勉強を教えるのではなく、生徒の成績を上げるために生徒の相談に乗ったり、 生徒の保護者との面談を定期的に行うなど生徒が勉強をしやすくなるようサポートする事も、塾講師にとっては求められているのです。


 塾講師は生徒に勉強を教えるという仕事ですから、わかりやすく教えられるかどうか、そして生徒を的確にサポートできるかどうかが特に求められます。 もちろん本人の学力も必要となりますが、それ以上に塾講師としての適性があるかどうかが重要視されるため、 塾講師を目指す場合はそういった適性が自分にあるかどうかを考えてみましょう。